ジャラランガで2000を目指して

初めに

 SMシーズン6シングルレート2000達成記念記事です

 最高・最終レート2004

f:id:herbal-pokene:20171116001609p:plain

構築の経緯

 orasのボックスの中に埋もれていた色違いのバンギラスを使いたかった

            ↓

 バンギラスの取り巻きとして相性の良いランドとスイクンを採用

            ↓

 裏のメガ枠としてバンギと相性の良いフシギバナを採用

            ↓

 テテフ対策に不安があったためテッカグヤを採用

            ↓

 ラストの枠には格闘タイプで身代わりが苦にならない特殊アタッカーが欲しい

            ↓

 悩んだ末ジャラランガが一番条件を満たしていると考え採用

個体紹介

f:id:herbal-pokene:20171116003335g:plain 意地っ張り@こだわりスカーフ 

             AS252 H4              威嚇     

              はたき落とす/地震/ストーンエッジ/とんぼ返り

 前シーズンから使っているスカーフランド

 ストーンエッジを殆ど外さなかったのが神

 今シーズンの選出率1位

f:id:herbal-pokene:20171116003924g:plain 図太い@ゴツゴツメット 

              HB252 C4      プレッシャー                

                    熱湯/れいとうビーム/吠える/リフレクター

 バンギ軸の構築で辛いバシャーモへの対策枠

 フシギバナ選出時のメガボーマンダ対策も兼ねている

 リフレクターを貼ることで後続のバンギの積みの起点も作れる

 選出率4位

f:id:herbal-pokene:20171116005059g:plain 意地っ張り@メガ石 

           AS254 D4        砂起こし→砂起こし  

               竜の舞/ストーンエッジ/噛み砕く/炎のパンチ

  構築のエース(性格は陽気の方が良かった)

 ガブリアスが環境から減ったため冷パンではなく炎パンを採用した

 炎パンの利点としては舞った後にナットレイカミツルギに止められないことや

 メガクチートの後出しを許さない等がある

 選出率2位

f:id:herbal-pokene:20171116005923g:plain 穏やか@メガ石 

           H252 B36 C4 D108 S108          葉緑素→厚い脂肪              

                 ギガドレイン/ヘドロ爆弾/光合成/宿り木のタネ

 バンギと相性の良いメガ枠

  Sは準速バンギラス抜き

 H-Bはパルシェンの殻破り氷柱針高乱数耐え

 H-Dは余り

 バンギの天敵キノガッサに強い

 Sに努力値を大きく割くことによって宿り木+光合成で嵌める範囲を増やした型

 状況によってはリザYに対面から勝てることもあるのが穏やかの強みだと思う

 選出率6位

f:id:herbal-pokene:20171116111540g:plain 勇敢@とつげきチョッキ 

            HA252 D4              ビーストブースト                

                  岩雪崩/ヘビーボンバー/地震/大文字

 テテフを中心とした特殊アタッカーへの対策枠

 岩雪崩を採用したことによって後出しされやすいリザードンウルガモスを交代読みで狩ることができるのが強み

 文字採用のために性格を勇敢にした

 選出率5位

f:id:herbal-pokene:20171116112249g:plain 控えめ@格闘Z 

           H68 C252 S188            防弾    

               スケイルノイズ/気合い玉/火炎放射/挑発

  SM環境の特殊型ジャラランガのテンプレだと思う

  Sは準速75族抜き抜き

  パーティ内にフシギバナがいたため防塵ではなく防弾を採用した

  挑発によって受けループ相手に強く出れる

  防弾に無警戒でシャドーボールやヘドロ爆弾を撃ってくる相手が多かった印象

  選出率3位

感想とか

 基本選出がしっかりと決まっていなかったので、なんとなく勝っている感じが最後まであった

 ジャラランガ自体は思っていたよりもはるかに強かったが構築時に期待していたグライオン対策としては機能しなかったのは残念

 きつい相手

グライオン 

 ジャラランガスケイルノイズで4割程度しか削れないため実質的な突破手段がバンギの竜舞後のエッジしかない

自己再生持ちZテクスチャー型ポリゴンZ

 バンギ以外の面子ではほぼ勝てない相手

 積まれる前にワンパンするのが一番の対策

ミミッキュカバルドン地震の効かないアタッカーの並び

 ジャラランガミミッキュにめちゃくちゃ弱いためどうしてもミミッキュ入りの構築に弱かった印象がある

上の並びに何度もボコボコにされた

最後に 

  読んでいただきありがとうございました

  質問などがあればTwitter:@PCL57651523まで

 

 

 

 

SMシーズン5メガボスゴドラ入り2000達成構築

初めに 

メガボスゴドラ入り構築でレート2000達成記念記事です

今シーズンの戦績は最高・最終2010の249位でした

f:id:herbal-pokene:20170915173759p:plain

 

経緯 

大体以下の通り

エースとしてメガバンギラスを使いたい→バシャやメガルカリオのケアをしなきゃ→地面枠にスカーフを持たせよう→ランドロスカバルドンが重そう→レヒレ→ナットレイが重い→ヒトム→メガ枠がもう一つ欲しい→バシャに強い奴がいい→メガボーマンダボルトロスゲッコウガが重そうだから特殊受けが欲しい→ベトン

このような感じでスタートしたが、ミミッキュに弱すぎた為メガボーマンダからメガボスゴドラに変更したところ上手く噛み合い今に至る

個体紹介

f:id:herbal-pokene:20170915175627g:plain      @こだわりスカーフ

意地っ張り H4 A252 S252

地震/とんぼ返り/ストーンエッジ/はたき落とす

かず(しろもも)さんからもらった個体、普通のスカーフランドロス、先鋒で場を荒らしたり、終盤の掃除役となるなど多岐に渡って活躍してくれた、はたき落とすは要らなかった

選出率2位

f:id:herbal-pokene:20170915180413g:plain  @水Z

控えめ H92 B4 C252 D4 S156

しぜんのいかり/ムーンフォース/ハイドロポンプ/挑発

sは最速テッカグヤ抜き、耐久ポケをしぜんのいかりで削って水Zで倒すのがコンセプトなためCにぶっぱ、あまりは耐久、あまり耐久に努力値を割いていないが、それでも十分硬い、受けとしてのイメージが強いためかアタッカーであることがバレにくく役割を遂行しやすかった

選出率1位

f:id:herbal-pokene:20170915183723g:plain @バンギラスナイト

意地っ張り H4 A252 S252

竜の舞/ストーンエッジ/噛み砕く/けたぐり

ORASで使ってた個体をそのまま持ってきた、この構築のエース、十分な耐久がある為振りはASぶっぱ、舞った後の抜き性能は非常に高いが、現環境は性格が陽気の方が使いやすい、またメガガルが減った為けたぐりもそこまで必要ではない

選出率4位

f:id:herbal-pokene:20170915184604g:plain @ボスゴドラナイト

わんぱく H236 A212 B60

ヘビーボンバー/冷凍パンチ/けたぐり/地震

 メガボスゴドラの有名な調整、調べればより細かい情報が得られると思うのでここでは詳しく書かない、H-Bはメガミミロップの飛び膝確3、メガガルの猫+グロパン+地震確定耐え、AはB4ガブを冷パンで確1、圧倒的な物理耐久によって様々な物理アタッカーに対面から勝てる神ポケ、役割対象は、ミミッキュ・メガガル・メガマンダなど非常に多い、ただし呪いミミッキュには気を付けよう

選出率3位

f:id:herbal-pokene:20170915190504g:plain @こだわりメガネ

臆病 H204 B4 C36 D12 S252

トリック/オーバーヒート/ボルトチェンジ/10万ボルト

CはH252ガルドをオーバーヒートで確1、Sは激戦区のため最速、B<Dはダウンロード対策、耐久をあげ蜻ボルで何度も繰り出すことを目的にした型、火力不足を補うためメガネを持たせた、トリックよりもめざ氷が欲しかった

選出率5位

f:id:herbal-pokene:20170915191250g:plain @突撃チョッキ

意地っ張り H132 A252 B4 D92 S28

はたき落とす/毒づき/かげうち/岩石封じ

努力値は他所のサイトにあったチョッキベトンの振り方を参考にした、特性はどくしゅで受けにきたガブなどを毒にしてサイクル勝ちを狙う、いかにテテフなどの特殊アタッカーとの対面を作るかが鍵、ダストじゃないのは命中不安が怖いから、岩封は文字、瓦割りとの選択、出番は少なかったが、選出した試合ではきっちりと役割を果たしてくれた

選出率6位

選出

基本的には、ランドロス・レヒレ・メガ枠で固定、この並びが一番対応力が高い

メガ枠はミミッキュかバシャがいればボスゴドラが優先、それ以外はバンギラス

ヒトムとベトンは、見せポケとしての選出誘導が主な役目

きつい相手 

カミツルギ 一番の天敵、剣舞を積まれるとヒトムが悪Zでとばされる等、対応をちょっとでもミスするとそのまま三タテされてしまう

フェローチェ 物理か特殊かによって対応できるポケが違うため選出段階でかなり考える必要がある、そこでの読みを外してしまうと三タテされる可能性が高い

ロトム(水) ボルチェンとハイポンによってこちらの並びが崩されてしまう、処理には択を当て続ける必要がある

最後に

拙い文章ですがここまで読んでいただきありがとうございました

何か質問があればTwitter:@PCL57651523まで

初めまして

レートで使用したポケモンの構築に関して色々書きます。